150th Logo

家紋事業進捗

拝殿耐震補強及び消防設備

  • 事業進捗平成31年02月01日

    記念事業進捗状況報告

    御創立150年記念事業内苑計画として実施してきた拝殿錺金物(かざりかなもの)補修工事及び霊璽簿奉安殿(れいじぼほうあんでん)劣化箇所補修工事が昨年12月に完了しました。


     拝殿と南北の行幸門(ぎょうこうもん)の錺金物は平成元年に昭和の大修築として補修を実施してから約30年が経過しており、錺金物の劣化が顕著になってきておりました。そのため、昨年1月に錺金物を各箇所より取り外し、専門の工場にて1年をかけて補修を実施しました。


     補修は古い金箔を一度全て剥した後、下地調整を経て四回にわたる金箔漆箔(うるしはく)押し工法を用いて仕上げられました。その結果、錺金物は以前にも増して鮮やかに光り輝くものとなり、修復された錺金物は年末に全て元の場所に戻され工事は完了しました。 


    また、昭和47年に本殿裏に建てられた霊璽簿奉安殿(鉄筋コンクリート銅板葺き神明造り)は、建設より40年以上が経っているため建物全体の劣化調査を行いました。その結果、屋根銅板部分を除くほとんどの箇所に損傷があり全面的に補修を行う必要があると判断され、工事を実施する運びとなりました。


     この度の工事では、まず建物全体を覆うコンクリートが中性化し脆く壊れやすくなっているため、その状態を改善するための処置工事や建物内部の鉄筋の劣化補修及び防錆(ぼうせい)処理に加えて、鉄筋まで雨水が浸入しないよう建物全体に防水塗装を施しました。


    以上のような作業を経て年末に工事は完了し、建物は建立された当時を思わせる姿に復元されました。 


    (企画課)

  • 事業進捗平成30年12月01日

    記念事業進捗状況報告

    去る10月、拝殿正面錺金物(かざりかなもの)補修工事、第一鳥居美装工事、大村益次郎銅像美装工事が起工しました。施工各所には作業足場が組まれ、工事終了予定の年末まで作業が進められます。

     

    拝殿屋根部分の錺金物は、前回の補修から約30年が経過しており、地金の補修も併せて行っております。補修完成後には、伝統技術を継承する美しい錺金物をご覧いただきたいと存じます。

     

    第一鳥居は昭和49年に再建されて以来、44年が経過しています。調査を行った結果、躯体(くたい)の劣化などは一切なく問題なしと判断されましたが、想定外の赤錆の発生や大気汚染による汚れが近年目立つようになっておりました。その為、今回塗装を塗り替える美装工事を実施しており、工事終了後には再建当時の色に復元される予定です。

     

    また、外苑参道の大村益次郎銅像は調査の結果、銅像本体の傷みは少なく状態は良好でありましたが、鋳鉄(ちゅうてつ)製の台座部分は第一鳥居と同様、錆が多く出ており、今後の劣化が懸念されると判断されました。そのため今回錆落としと専用のコーティング剤を塗布し、劣化を防止し鋳鉄本来の色が維持できる作業を行います。

     

    いずれの工事も完了は本年年末を予定しておりますので、ご参拝の折には是非ご覧いただきたいと存じます。

     

    (企画課)

  • 事業進捗平成30年04月17日

    本殿・拝殿防災設備改修工事竣工

    去る3月30日、本殿裏側にて「本殿・拝殿防災設備改修工事竣工清祓式」が、小堀宮司以下関係職員並びに施工業者参列のもと執り行われました。

    本殿の建立は明治5年、拝殿は明治34年と、いずれも100年を超える歴史を持つ木造建築です。今回、経年による設備の老朽化に加え、神社仏閣に対する放火等の事件が後を絶たない昨今の状況をふまえ、御創立150年記念事業の一環として防災設備の大幅な改修工事を昨年11月より進めております。

    これまでにも、靖國神社では防火対策として、設置義務のある消火栓はもちろん、放水銃やドレンチャー設備の設置など、本殿のお護りと参拝者避難経路確保を目的とした防災設備の充実化をはかってまいりました。

    今回の工事では、本殿・拝殿の延焼を防ぐ為、老朽化していた既存のドレンチャー設備から自動首振り式の放水銃への改修を行い、更に火気の早期発見を補助する為に、各所に炎検知器を新設いたしました。3月19日に行われた稼働試験では、各防災設備が正常かつ効果的に機能する事を確認しております。

    今後も、拝殿耐震補強工事や外苑整備計画等、平成31年の完遂を目指して、各所で記念事業に関係した工事が続きます。期間中は何かとご不便をお掛けしますが、なにとぞご理解、ご協力をいただきたく存じます。


    (企画課)

  • 事業進捗平成29年12月18日

    拝殿金物補修工事を実施

    平成29年10月にお伝えした拝殿耐震補強工事の一環として、拝殿の錺金物(かざりかなもの)の補修工事を昨年11月6日より実施しております。現在拝殿内の錺金物は取り外しを終了しており、今後は、大型錺金物の取外しを行う予定です。

    工事に伴い平成31年4月まで各所に工事足場が設置されますが、拝殿前は従来通り御参拝戴けます。御不便をおかけしますが、何卒御容赦下さい。


    (企画課)

  • 事業進捗平成29年12月18日

    本殿・拝殿周辺防災設備改修工事に着手

    現在、本殿・拝殿周辺では不測の事態に備え、防災設備改修工事が昨年の11月9日より進められています。

    当工事では最新設備を導入し火災の早期発見に努め、速やかな初期消火活動を行える計画になっています。
    また、本殿・拝殿に延焼することを防ぐため、既存のドレンチャーから、自動首振り放水銃に改修します。

    現在は、放水用の配管工事等を行っており、今後、炎検知機設置工事等を順次行い、3月下旬には工事が完了する予定です。


    (企画課)

  • 事業進捗平成29年10月20日

    拝殿耐震補強工事について

    拝殿の耐震補強工事は、現状の外観・使用用途を変えず、更に鉄骨等に頼らず日本の伝統建築の構造を生かした手法により耐震補強を行い、震度6~7程度の揺れに耐える事を目標としました。

    着工に先駆け、拝殿床下調査の折には、柱と礎石の間に建物の横滑りを防止する「石ダボ」の存在が確認されました。また各柱の傾き等、数度に亘る調査を重ねて平成30年の秋に本格的な着工を迎えます。

    工期は約半年、平成31年4月竣工を予定しています。工事中は仮囲いが設置され、何かと御不便をお掛けしますが何卒御理解、御協力を戴きたいと存じます。


    (企画課)

家紋本殿・拝殿・霊璽簿奉安殿 関連工事について

本殿諸整備 拝殿耐震補強及び消防設備 霊璽簿奉安殿補修
TOP