遺 書
  • 海軍少佐 尾伸也命
    昭和十九年六月十九日
    マリアナ群島方面にて戦死
    東京都向島区隅田町出身
    二十五歳

其ノ後如何
ヤハリ航空ガ一番ヨイダロウ、ソレハ飛行機ニ乗ルヨウニナレバスグワカルコトダ。大イニ張切ッテヤレヨ
私モ鹿児島ノ櫻島ノ雄大ナ姿ヲ眺メテ鍛錬ヲ続ケテ来タガ、今ハ懐シイ夢の島ト変ッタ、
空ダ男ノ行ク所、男児愛刀ヲ抱イテ南ヘ飛ブ、一機又一機砂塵ヲアゲテ我ガ隼部隊ノ戦闘機ハ行ク、(中略)
戦闘即チ航空戦ノ時代ニ、イカデ日本男子ノ空ニ行カザルベキ、真ニ國防ノ第一線コソ飛行機デアリ搭乗員コソ國宝デアル、此ノ点ニ於テ我ガ一家ハ空ノ一家デアリ真ニ私ノ誇リトスル所デアル
早ク旨クナッテ俺ノ後ニ続ケ俺ノ優秀ナル弟二人ノパイロットニ絶大ノ期待ヲカケテイル頑張レヨ
昭和十九年四月二十九日
                 伸 也
正之進殿

(原文のまま)

閉じる