遺 書
  • 陸軍歩兵中尉 立山英夫命
    昭和十二年八月二十二日
    歩兵第四七聯隊
    支那河北省辛荘附近にて戦死
    熊本県菊池郡隈府町出身

若し子の遠く行くあらば 帰りてその面見る迄は 出でても入りても子を憶ひ 寝ても覚めても子を念ず 己れ生あるその中は 子の身に代らんこと思ひ 己れ死に行くその後は 子の身を守らんこと願ふ あゝ有難き母の思 子は如何にして酬ゆべき あはれ地上に数知らぬ 衆生の中に唯一人 母とかしづき母と呼ぶ 貴きえにし伏し拝む 母死に給ふそのきはに 泣きて念ずる声あらば 生きませるとき慰めの 言葉交はして微笑めよ 母息絶ゆるそのきはに 泣きておろがむ手のあらば 生きませるとき肩にあて 誠心こめてもみまつれ 
お母さん お母さん お母さん
お母さん お母さん お母さん
お母さん お母さん お母さん
お母さん お母さん お母さん
お母さん お母さん お母さん
お母さん お母さん お母さん
お母さん お母さん お母さん
お母さん お母さん お母さん

(原文のまま)

閉じる