白木の箱が届いたら
  • 陸軍伍長 小塩 久夫命
    昭和十九年十二月二十三日
    比島北サンフェルナンド
    北方海域にて戦死
    鳥取県西伯郡大高村出身 
    二十六歳

(前略)お母様、かうして懐しい御名をお呼びするのも幾度もないでせう。でもお母様、決して悲しんではなりません。久夫は立派な軍人です。母上は、此の久夫のお母様です。(中略)望み叶って、あの編△里濕劼防襪韻泙垢覆蕕弌香り高く咲きにほふ九段の桜の下でお母さんの訪れを待ってゐます。
何一つとして御手助けもする事を得ず、去り逝く久夫を許して下さい。久夫は勇ましく華と散り逝く覚悟です。久夫、死の報あっても決して悲しんではいけません。泣いては兵の母として何よりの辱です。
白木の箱が届いたら、唯一言「久夫よくやった」と莞爾とほめてやって下さい。お母様が育てた鼻たれ坊が晴れてお役に立つときが訪れたのです。久夫はそれを頼りに喜んで編△竜椶坊泙悗蕕譴泙后(中略)ではお母様、末永く御幸福であって下さい。久夫は常にお祈りしてゐます。(後略)
                                                   久夫より                                         
母上様

(原文のまま)

閉じる