心身一片の雲なき気分です
  • 陸軍大尉 寺村 義夫命
    昭和二十年三月二十七日
    比島ルソン島クラーク山中にて戦死
    滋賀県彦根市芹橋町出身 二十八歳

御両親様
前便にて色々申上ました通り、何ら思ひ残す事もありません。
北條からの母上様の御便り入手致しました。何から何まで都合よく、本当に小生、幸福者でした。
父上様には愈々御健勝に長生きして下さい。
二十有七年の御教育、今こそ義夫身を以て具現(ぐげん)致します。今、故国を離れるに当り、この決戦に参兵出来る身を喜ぶのみです。
戦局、正に皇國(こうこく)興廃(こうはい)の関頭(かんとう)に立ちました。
征(ゆ)きます。攻めてく攻め抜きます。
(中略)
本当に心身一片の雲なき青空の気分です。
征きし報、伝はらば大いに祝って下さい。
では 征きます 御達者で             義夫

御両親様

(原文のまま)

閉じる