私が死んだら
  • 陸軍少尉 山 川 弘 至 命
    昭和二十年八月十一日
    台湾屏東南飛行場にて戦死
    岐阜県郡上八幡町出身
    二十八歳

私が死んだら
私は青い草のなかにうづまり
こけむしたちひさな石をかづき
青い大空のしづかなくものゆきかひを
いつまでもだまつてながめてゐやう。
それはかなしくもなくうれしくもなく
何となつかしくたのしいすまひであらう。
白い雲がおとなくながれ
嵐が時にうなつて頭上の木々をゆすぶり
ある朝は名も知らぬ小鳥来てちちとなき
春がくればあかいうら青い芽がふき出して
私のあたまのうへの土をもたげ
わたしのかづいてゐる石には
無数の紅の花びらがまふであらう。
そして音もなく私のねむる土にちりうづみ
やがて秋がくると枯葉が
日毎一面にちりしくだらう。
私はそこでたのしくもなくかなしくもなく
ぢつと土をかづいてながいねむりに入るだらう。
それはなんとなつかしいことか。
黒くしめつたにほひをただよはせ
私の祖父や曽祖父や
そのさき幾代も幾代もの祖先たちが
やはりしづかにねむるなつかしい土
その土の香になつかしい日本の香をかぎ
青い日本の空の下で
私は日ごとこけむす石をかづき
天ゆく風のおとをきくだらう。
そして時には時雨がそよそよとわたり
あるときは白い雪がきれいにうづめるだらう。
それはなんとなつかしいことか。
そこは父祖のみ魂のこもる日本の土
そこでわたしはぢつといこひつつ
いつまでもこの国土をながめてゐたい。
ただわたしのひとつのねがひは
――ねがはくは 花のもとにて 春死なん
 そのきさらぎの もち月のころ――

(原文のまま)

閉じる