しっかり頑張りなさい
  • 海軍軍属(学徒)  立川絹江命
     昭和二十年八月二十三日
     原子爆弾のため本籍地にて戦傷死
     佐賀県杵島郡橘村出身 十九歳


安ちゃん。
お手紙ありがたう。もっと早く返事書かうと思ってゐましたが、なかくひまがないのでこんなにおそくなってしまひました。ごめんなさいね。皆がおりこうさんで暮してゐるので、お父さんも姉ちゃんも非常によろこんでゐます。これからも、もっとくヨイコになってお母さんのお加勢し、お父さん達を安心させなさいね。
それから尚男ちゃんの病気はなほりましたか。永い間下痢したのなら、やせてしまったでせう。どんなにしてるかしらと心配です。邦子ちゃんはどうしてゐますか。もう大分(だいぶ)おしゃべりになってることでせうね。
安ちゃん。もう学校に行ってゐるとのことですが、学校はいかがですか。なれないうちはいやな日や、つらいこと等あるでせうが、もう一時(いっとき)してるとだんくおもしろいやうになりますよ。武雄の人に負けぬやうしっかり頑張りなさい。
それには毎日くたとへ少しの時間でもよいから、机に向って予習復習をかかさぬ様になさい。毎日の予習復習を立派にすれば学校の勉強はどんくおもしろく進みますよ。
安ちゃんは今からが一番大切な時ですから、分らぬところは勝さんや、望ちゃん、照ちゃん等にきいてしっかり勉強しなさい。
姉ちゃんも戦争に勝ち抜くまではうんとがんばる覚悟です。ではお元気でおくらしなさい。
安ちゃんへ                          さやうなら

(原文のまま)

閉じる