雑煮も汗を出して腹一杯戴きました
  • 陸軍伍長  松浦義一命
    昭和十八年一月十日
    ソロモン群島ガダルカナル島
    タサワロングにて戦病死
    愛知県東春日井郡小牧町出身
    二十五歳

前略。
待ち遠しかった内地からの第一信の航空便、先月二十七日に受取りました。
余りの嬉しさに幾度もくも読み返しました。
実に、便り程いいものは有りません。お手紙によって故郷の様子もよく分り大変喜んで居ります。
大分寒くなった様子ですね。此方も先月は大分朝夕冷えましたが、一月になってからは寒い日はありません。
(中 略)
次に十六年の元旦は討伐中に迎へ、実に感慨無量なものがありました。
正月の三日間も実に愉快に送りました。雑煮も汗を出して腹一杯戴きました。
兵舎の前の門松も実に堂々たるものです。この門松の前で写真を撮って戴きましたから、これも出来次第お送り致します。
次に同封の写真二枚は任地に到着間(ま)もなく撮って戴いたものです。御笑納下さい。
それから、この外まだ色々の写真がありますが、これ等も追々御送り致します。
兎(と)に角(かく)、写真の通りの元気さですから御安心下さい。(後略)

一月四日
                                              義 一
 父 上 様

(原文のまま)

閉じる