それは運命だと思ひます
  • 陸軍伍長 宗本琢磨命
    昭和十九年十一月十一日
    比島カモテス海峡にて戦死
    岡山県苫田郡中谷村出身
    二十三歳

蝉の声かしましき八月の初旬、今昭和十九年八月の始め、友と共に戦地に行かんとするに当り、一筆父上に呈し、不孝を詫びんとす。
(中 略)
何処に行き、どんな事が起っても琢磨はお父さんの子であると云ふことを忘れない積りです。そこから必ず自分の進む可き、何らかの方向が示されると信じます。
両親が今迄、琢磨を引張ってきて下さった強い強い力は、やがて琢磨が自分一人で押進んでゆく強い力と成ると信じます。
風波荒い社会、つくづくさう感じます。波静かな両親の港に憩ふときのみ、琢磨は何もかも忘れて安らかな気になります。淋しい、さう云ひたい今の気持ちです。いくつになっても、やっぱり親程よいものはこの世にないとつくづく思ひます。
戦地の病院で息を引取る病人が、最後に云ふことばは「お母さん」の一声です。
いつまでもいつまでも、親のもとにいたい、さうした気持ちで一杯なのです。
然し、男である以上、まして父の子である以上、日本の男の皆やることは死んでもやらねばならないのです。お父さんの云はれた通り、必ず死ぬ人間で有る以上、どこでいつ死んでもそれは運命だと思ひます。
幸にして妻子はなし。唯々両親様の健康は、一日も長くすこやかなれと祈るのみです。
其の日、其の日の最善を尽しつつ琢磨は元気で行ってきます。決して進んで死を望むやうな琢磨ではありません。
然し、死す可き時には潔く死にます。其れが男子の一生として、亦、両親様も一番喜んで下さる道と信じます。
美佐子、綾子もよくよく両親様の注意を守り、立派な女性となるやう。
 
昭和十九年八月四日 朝

(原文のまま)

閉じる