遺言書
  • 陸軍憲兵軍曹
    相馬竹三郎命
    昭和二十三年四月八日
    セレベス島メナドにて法務死
    青森県西津軽郡鰺ヶ沢町出身
    二十九歳

(前略)

我が身は既に陛下に捧げ奉りし身にて、何等惜しくありませんが
戦ひ終りました今日、国の為にたてた勲が仇となり、刑場の露と
消えるのは残念至極です。只皇国の復興と郷里に遺せる祖父弟妹
の身上が案ぜられるのみです。今後の兄上様の前途は多岐多難な
るも祖父弟妹と御互に扶け合ひ、又夫婦仲良く暮されん事を望み
ます。今となっては何も思ひ残す事もありません。

(中略)

では兄弟よ、長い間の生涯本当に御世話様になりました。一足先
に永遠の庭へ心静かに旅立ちます。元気にて御身体を大切に、
さよなら。

昭和二十三年二月十七日


                                      相馬竹三郎

大日本帝國万歳
天皇陛下万歳
大アジア万歳 

 遺詠
国破れ捕はれの身となりつれど 天地の神に恥づる事なし 

(原文のまま)

閉じる