天皇陛下の御為に
  • 陸軍曹長 木 崎 徹 治 命 
    昭和二十年一月三日
    フィリピンミンドロ島にて戦死
    埼玉県北葛飾郡豊野村出身 
    二十三歳

天皇陛下の御為に、米英撃滅の決戦の大空に悠久の大義に就かんとす。
男子の本懐此れに優(すぐる)無し。
長年の御教訓に遵(したが)ひ死所を得たる徹治は幸福者です。貧苦の中にも良
き御教育の道を戴き有難うございました。
徹治戦死の報あるも決して悲しんで下さるな。一日も早く病全快せら
れ、御母様共々末長く達者で御暮らしの程御祈り致します。
彰介は立派な人間にして下さい。小生の貯金其の他は、弟妹等の教育
費に御使用願ひます。
兄上木崎家の更隆を切に御願ひ致します。弟妹達仲良く身体を大切に
勉強して立派な人間になって孝養を盡(つく)すを怠るな。
嗚呼(ああ)、大東亜永遠の平和確立の暁を見よ快なる哉(や)。
                                          徹治
父母様
兄弟妹様

(原文のまま)

閉じる