御両親様
  • 陸軍軍曹 西島 觀空 命 
    昭和十九年十月二十日
    ビルマ国モーライク県カレワ付近にて戦死
    滋賀県長浜市宮司町出身 
    二十四歳

御両親様
今まで長らく二十幾星霜、御厄介、御迷惑ばかりかけた觀空を御許し下さい。
又、何と言つて御礼を申したら良いやら、その言葉を知りません。
唯、私は感余つて言ふことを知りません。早く去る觀空の不孝は御許し下さい。
しかし今まで受けた御恩の万分の一にでも報いられればこの上ない幸福です。
又、男子の本懐であり、名誉であります。この決戦下にまはり合したからこそ孝道も盡せたのです。又、御奉公も出来たのです。
觀空も喜んで散り行きます。七生報国の精神を以て大東亜の礎となります。
靖国の宮居に神として御祭祀下さる陛下の御仁慈には、感泣するのみです。
 臣としてこれ以上の名栄・名誉がありませうか。自分一身のみでなく、一家の名誉です。喜んで下さい。
長らく御育て下さつたこと有難うございました。
では御両親様どうか老境のこととて、御身おいとひの程祈り上げます。
妹も達者で暮らせ。
                                   ではさやうなら 觀空
 御父母上様
 妹

(原文のまま)

閉じる