• メインビジュアル

令和2年06月15日

遊就館企画展のお知らせ

終戦から75年 最初の玉砕地フィリピン 昭和17年初頭、2個大隊玉砕の記録が残るバタアン半島西岸のいま


【期 間】 令和2年8月31日まで

      午前9時~午後3時30分(入館は閉館の30分前まで)

【場 所】 遊就館本館1階広間
      ※常設展拝観券をお買い求めください。(崇敬奉賛会会員は無料)

【休館日】 6月24日(水) ~ 6月26日(金)



大東亜戦争の開戦わずか2か月後、昭和17年1月30日から2月8日までフィリピン・ルソン島のバタアン半島西岸の岬で米軍と交戦した日本軍が全滅する出来事がありました。

あまり知られていない「最初の玉砕」ともいえるこの戦いについて、写真家 杉山正己氏が日本・アメリカ・フィリピンなど多数の戦史資料を調査した後、現地を取材し撮影された写真を展示します。



TOP