ここから本文です

靖国神社の由緒

靖国神社は、明治2年(1869)6月29日、明治天皇の思し召しによって建てられた東京招魂社が始まりで、明治12年(1879)に「靖国神社」と改称されて今日に至っています。

靖国神社は、明治7年(1874)1月27日、明治天皇が初めて招魂社に参拝された折にお詠みになられた「我國の為をつくせる人々の名もむさし野にとむる玉かき」の御製からも知ることができるように、国家のために尊い命を捧げられた人々の御霊を慰め、その事績を永く後世に伝えることを目的に創建された神社です。「靖国」という社号も明治天皇の命名によるもので、「祖国を平安にする」「平和な国家を建設する」という願いが込められています。

靖国神社には現在、幕末の嘉永6年(1853)以降、明治維新、戊辰の役(戦争)、西南の役(戦争)、日清戦争、日露戦争、満洲事変、支那事変、大東亜戦争などの国難に際して、ひたすら「国安かれ」の一念のもと、国を守るために尊い生命を捧げられた246万6千余柱の方々の神霊が、身分や勲功、男女の別なく、すべて祖国に殉じられた尊い神霊(靖国の大神)として斉しくお祀りされています。

もっと詳しく

ここからグローバルナビゲーションです
  • トップページ
  • 靖国神社について
  • 靖国神社の由緒
  • 靖国神社史
  • 全国護国神社一覧
  • 今月の社頭掲示
  • 境内のご案内
  • 祭事のご案内
  • 昇殿参拝のご案内
  • 授与品・頒布品のご案内
  • サイトマップ
  • ENGLISH
  • 遊就館
  • 靖国偕行文庫
  • 靖国神社崇敬奉賛会
  • フォトギャラリー