• メインビジュアル

令和4年10月01日

拝観者の声(社報令和4年1月号・3月号・7月号・9月号・10月号掲載)

遊就館のアンケートには、多くの拝観者から率直なご意見・ご感想が記されています。

ここでは、その一部をご紹介いたします。

----------------------------------------------------------------------


【1月号掲載】


英霊の方々の国を想う尊い言葉の数々、そして妻や家族への感謝の言葉のなんと美しいことか。

涙なくして読めませんでした。

54歳 男性

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


正しい歴史を多くの人に知って頂きたい。

マスコミに踊らされず多くの文献から学び、どの様な経緯を以って今に至るか。

間違った教育の果てに再び大きな間違いが起こる事の無いよう願います。

無記名

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


日本という国のために、家族を守るために、命を捧げて下さった英霊の皆さま、その気高い心に触れ、ありがたさで一杯です。

我が国は本当に素晴らしい国で美しい心の人々が住むところです。

この心を、国を、守らねばなりません。

私より公を、国を大切に思う心の尊さを伝えていきたいと思います。 

無記名

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


昔、おじいちゃんが満洲にいた頃の話をしていました。

子供でしたし戦争は学校の授業でしか知る事のない世界でした。

今日縁あってここに来ました。

旅立った想い、残された想い。

足元まで鳥肌が立ちました。

今ここに地に足を着けて立てていること。

みんなに全て感謝のみです。

無記名

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


若くして尊い命を日本のためにささげられた方々が今の日本を、若い世代をどう見て感じられるだろう。

日本の未来を想いいかれた方々の「未来」を今生きている私たちはこれでよいのだろうかと深く考えさせられる。

日本人の文化、誇りを大切に、子に伝え生きていきたいと思います。

T・Y 女性

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


【3月号掲載】


戦死なさった英霊たちの生活、生きていた痕跡を見て、改めて平和の大切さを実感しました。

学校で習ったような文字のみの学習では足りていなかったことをまざまざと目撃した思いです。

英霊に感謝すると共に、これからの平和を担う若者として身が引き締まる思いです。

大阪府 20歳 女性

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


コロナという厳しい世の中ではあるが、どうしてももう一度ここに来たく、参拝させてもらいました。

日本男子として、国を守る仕事をしている身として、ここに来る意味があったと再認識することができたと思っています。

これからも、この日本を守っていけるよう日々精進して参ります。

本日は本当にありがとうございました。

愛知県 22歳 男性

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


2度目の遊就館です。以前は遺族会の正式参拝で、この場所を知りました。

今日は妻と来ました。

私はおじを、妻もおじを亡くしています。

本当に本当に見学したものすべてに涙が止まりません。

安らかに眠って下さい。

戦争は絶対やってはいけません。

埼玉県 64歳 男性

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


私が太平洋戦争のことを学ぶ上で最もショックであったのが、日本のアジアを守るという目的があったことを学校で教えてもらえないことだ。

無記名

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


介護の仕事をしています。

関わる高齢の方々が亡くなるたびにその方々の人生をふと、考えてしまいます。

戦争を体験された方がほとんどで、誰も戦争の話を口にされません。

これもひとつのご縁だと思います。

私は、この方々の歩んで来た人生を、後世に伝え、私自身も知らなければならないと思います。

ただただ涙が止まらず…神社の前に立ち、すみきった青空、私は来てよかったです。

無記名

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


一度もお会いしていない祖父が経験した戦争の現実を知りたかった。

日本の教育は戦争を教えない。

このような状態が続けば愛国心も成立せず近い将来、国を守れなくなる。

東京都 52歳 男性

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


英霊なくしては今の日本は無いのだと改めて痛感しました。

今の日本が平和かどうかは分かりませんが、少なくとも私は幸せです。

英霊達に感謝の意を示しつつこれからも頑張って生きていこうと思います。

また会いに伺います。

35歳 男性

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


現役自衛官です。先輩たちに恥じぬ様しっかり任務に邁進していきたい、

又、後世へ伝える事も一人の日本人としての役目だと思うのでしっかり伝えていきたい。

34歳 男性

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


靖國には何度か参拝してきましたが、遊就館には今回初めて参りました。

一言では語れない強い衝撃を受けました。

私より年下の多くの若者が、必死で守ろうとした日本に、今、平和に暮らしていられることに感謝します。

私の大伯父もフィリピンで亡くなっています。

改めてありがとうと祈りたいと思います。

大阪府 42歳

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


日本人として生まれて五十年余り、初めて靖國神社を訪れました。

どうして学校でこのような大切な日本人の心と、日本がたどってきた歴史を学ぶ事がないのでしょうか。

戦争がない平和な今を生きていられるのは、命をかけて我が国日本を守ってくれた多くの人々のおかげであると考えると、

今の日本とこれからの日本人の生き方が大きく変わるのではないかと思います。

学校教育で取り入れられること強く望みつつ、私が出来る事として、周りの人、家族に伝えていきたいと思います。

広島県 R・U

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


我々の考えもつかぬ様なとてつも無く大きな責任、そして意志をもって

我が國の為にそして後世の我々の為に戦って下さったのだと思います。

戦争も終り平和な現在。

我々がしっかりと英霊の皆様がなさった様に大切に責任を以ってこの平和とこの國を守ります。

安心して、安らかにお眠りください。

無記名

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


御遺影の数々は胸に迫るものがあり、今日まで日本国が存続している事は偶然でも何でもない、

先人の積み重ねなのだとあらためて感じました。

先人に恥じぬ様生きようと身をひきしめたいと思いました。

兵庫県 55歳 男性

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


都会の中にあるのを忘れそうな静ひつな領域に、驚きました。

この遊就館自体が英霊を鎮魂する場なのだと感じました。

どのルートを通るか迷いましたが、孝明天皇御製を見て、大東亜戦争にいたるまでの日本の歩みを、今回は選びました。

自虐史観ではない、神武天皇の建国より始まる日本の国史を、この数ヶ月、調べてきました。

また、大東亜戦争にいたるまでの、本当のプロセスについても学んできました。

開戦にいたるまで、必死に避戦を模索していたが、止むなく開戦にいたったことを知りました。

そのようなベースのある所で、本日、拝観に来ることができ、知識がより立体的になるように感じました。

東京都 41歳 男性

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


大東亜戦争は当時の人達が生命をかけて日本を守ってくれました。

本当に感謝してます。

あの戦争は日本が悪い事をしたと学校では教えられましたが違うと思います。

日本の家族、日本の将来のために戦ってくれた事を正しく教え教育していくべきだと思います。

この館は素晴らしいです。

また来ます。

東京都 43歳 男性

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


この年齢になり、やっと国のために命を捧げて下さった英霊の皆様のことを知ることができたと涙で拝見致しました。

心がしめつけられる想いを抱きながら、今の日本を見た時、これを今につなげる必要があると感じました。

国を守るためにできることをもっと行っていきたいと思います。

神奈川県 51歳 女性

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


実は120分コースで一日見ても時間が足りなくて、続きを見るために何回も来館しました。(クレームではなくて)

多くの歴史と多く(とても多くの)人の人生、想いをじっくり見たい私にはそれくらいの時間が要るものでした。

たくさんの遺影に囲まれ、多くの遺書・辞世の句、亡くなった日・場所に想いをはせて

皆さんのことを思うだけで胸が苦しく涙を何度も流しました。

この施設を大事にしたい、誇りを持ちたい、靖國参拝を外国の顔色うかがうようなうしろめたいものと日本国民に思ってほしくない。

そんな思いでいっぱいです。

戦争体験者がどんどん減ってる今、貴重な声を聴く機会があればと思います。

祖父母の話、もっと詳しく聞きたかったです。

悔やまれます。

東京都 38歳 女性

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


数多くの事を、自分が知らない事を知りました。

心情を想像しようとしたのですが、出来ない。

私はまだ祖父母すら健在で、大切な人を失った経験も、自ら命を投げ打った事も、その覚悟を決めた事も無い。

だからこそ、もっと知りたいと強く感じ、また、誰かに話していきたいと思った。

埼玉県 23歳 男性

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


先人の方々への想い、命の尊さ、亡くなった方々への感謝と無念な想いに胸が熱くなり、涙が止まりません。

命のバトンをそして命の尊さを伝えていきたいと思います。

大阪府 56歳 女性


【7月号掲載】


コロナ禍により、 室内で過ごすことが増えた際に、 かねてより興味があった戦前後の歴史等について学び直す機会が増えた。

感想としては、 「日本人は必ず一度は遊就館に赴いて学ぶべき」 だと思います。 改めて、 先人の方々へ感謝と敬意をお伝えできたことを嬉しく思います。 

また来年、 伺わせて頂きます。

兵庫県 42歳 男性

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


今、世界の平和について考えさせられることが多く、悲しいことを観るたびに、静かに眠っている方の生命の上に、我々が生きていることを実感しています。もっと、子供達に見学してもらいたいです。

東京都 59歳 女性

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


平和が大切と思うがウクライナの戦争を見るとやはり自衛のための防衛力はオロソカにしてはならない。特にロシアは御約束を守らず常に南下を力で試みる国と認識したい。

東京都 89歳 男性

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


今日こちらを訪れたのは偶然でしたが、来て良かったと思いました。こんなに数多の人々が命をとして日本を守ろうとした事を胸に刻んで生きようと思います。

東京都 26歳 女性

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


戦争で亡くなった方達の遺書がすごく印象的でした。 これから戦いに行く人は家族や、 妻、子供を残しどんな気持ちなのか、残された人達の気持ち、戦争に関わった全ての人の心情も考えるとすごく胸が苦しくなりました。日本人は本当にどの国より強く勇ましく散ったんだなと思います。

埼玉県 19歳 女性

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


出撃前の方の肉声を聞きました。そのときの感情がよりリアルに感じられ、戦争はあってはならないと改めて考えることができました。ロシアとウクライナの戦争が一刻も早く終り、世界に平和がおとずれてほしいと強く思いました。

埼玉県 19歳 女性

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


深い歴史に触れ、普段感じ取ることのできない雰囲気を味わうことができました。特攻隊の兵士たちの思いがつづられた遺書、母に対する思いが胸をうたれました。女性の髪でつくられた「必沈」という文字、ロープ等、女性も共に戦う思いであったことが伝わり、今幸せであることはあたり前ではなく、この出来事があったからなのだと改めて感じました。

埼玉県 21歳 女性

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


同じ学生が戦争に参加し、命をおとしていることを知り、 またそのような遺書などを拝観し、とても自分は幸せな時代に生活していると感じました。少しでも後世に良い時代を受け継いでいこうと強く思いました。

神奈川県 19歳 男性

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


私は一度靖國神社にお参りしようと思い、遊就館を見つけ拝観しました。戦後は「日本は侵略国家だ」という自虐史観の教育を行ってきたが、それは大きな間違いで日本側にも大義があります。そして、 よく戦争で亡くなった方々を「犬死にだ」という人がいますが、彼らのおかげで、日本が守られたと考えなければならないと思いました。一人でも多くの日本国民が訪れますことを心からお祈りいたします。

宮崎県 18歳 男性

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


様々な博物館などで戦争については触れられているが、 「靖國神社」という、英霊にとっても日本人にとっても特別である場所で、日本の歴史を学ぶことはとても意味のある事だと思いました。

兵庫県 21歳 男性

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


【令和4年9月号掲載】

≪常設展拝観者の声≫

ウクライナ戦争で今まで習った歴史と異なる事を知り前向きな気持ちで参拝いたしました。大東亜戦争、シベリア抑留等、日本人としての知識が浸透しますようにと願い、そして立ち上がれますことを信じております。

東京都 34歳 女性

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


自分たちが日々かかえる悩みが先人の苦しみと比べたら、いかに小さいのかを感じた。また「感謝」というのは、いつでも伝えられるものではなく、気づいたときには遅いこともあるからこそ、思いは、すぐに伝えたいと感じた。

神奈川県 23歳 男性

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


アメリカに十三年住んでいる者ですが、一時帰国の際に父と靖國神社を訪れました。今回遊就館を訪れ、色々なことを考えさせられました。まだ今日学んだ多くの情報に対して消化しきれていませんが自分なりに考え、改めて国というもののありかたや戦争についても学んでいきたいと思います。

アメリカ 37歳 男性

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


何年か前見た時よりも展示の仕方が変化しており、近世から近代のわが国の先人達の思いが強く伝わってきました。日本全国の青少年たちにぜひ見ていただきたい。こうした英霊の方たちによって今の日本があることを知っていただきたい。

京都府 71歳 男性

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


今私が生活している日本を創っているのはこの方々なのだと思う。 遺書にはことごとく 「子供の教育は存分にさせるべし」 「母に感謝せよ」とあり、これが日本の敗戦からの立ち上がりの原点なのだと思った。

千葉県 45歳 女性

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


これまで日本の歴史については知らないことが多かったのですが、展示を見て今自分が平和な世の中、日本で生きていることへの感謝と共に私自身がこの歴史を忘れず、後世に伝えて行く義務を全うしたいと思いました。

東京都 27歳 男性

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


遺影や遺言などひとりひとりを感じるものに心打たれました。特に、自身の出身地の方の遺影はひどく心に刺さりました。 「ひどい」「かわいそう」ではなく、これがあったから今があると思うことが大切ですね。

27歳 女性

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


日本の近代史を、今の子どもたちにこそ見てほしい。先人の思いの末に、自分たちは生を受け、日本に立っている。私は先人に尊敬の念をもって、次の世代に日本を守り、バトンをつなげていきます。

愛知県 37歳 男性

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


展示物と遺書を見て、改めて、戦争はいけない事と痛感すると共に、先人達が命をかけて日本を守って下さったおかげで、今の平和が成り立っていると実感しました。学生の頃はあまり実感を持ちませんでしたが、妻を持つ身となり、多くの若人が命をかけて、家族の為に死んでいった事を日本人として、永遠に忘れてはいけないと改めて感じました。

茨城県 29歳 男性

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


時代は、 どちらが善か悪かを超えて、 互いにやむを得なかった、 等あるいは情報戦に負けた等の可能性が多くの戦争にある事を知っています。 日本が、 この先、 冷静に多角的に見られる様に、 過去におけるその裏の部分も少し

見てみたいと思います。 (中略)若い方々の命で踏みかためられた国を、 何の努力もせずに当然の権利として〝自分のみ〟を考えて生きるのは残念な事だと思います。 今は「公」 より 「自分の権利」 を優先させますが、 その

行きすぎには少々残念に思います。

神奈川県 56歳 女性

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


≪特別展拝観者の声≫

特攻隊員の日記、最期の家族を思う心からの言葉には涙ぐんだ。本当に死に行く覚悟が決まった人間は「 『無欲』になる」という言葉は心に響いた。ナレーションがあると読めない漢字も読めて良かった。

19歳 男性

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


当時の若者がどのような心情で先の大戦を戦っていたのか、それを伺うことのできる手記や日記を拝見できるのは、とても貴重な体験です。 「何を想って戦っていたのか」それを現代に生きる我々が考えることが、次の時代を担う上でとても大事になってくると思うので、こうした展示会は是非、定期的に開催していただけたら、うれしいです。ありがとうございました。

31歳 男性

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


印象的な展示=海防艦や民間徴用船についてのボードと、沈没箇所の年代ごとに分けた映像。戦艦、軍艦以外にも、多くの船と人が犠牲になったのだと、短い時間でも知ることができました。今後、より深く知るために様々な文献をあたりたいと思います。 ご遺族の方々、貴重な品を公開してくださりありがとうございました。今、この日本に生きている幸せをかみしめて生きていきます。

41歳 女性

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


今なお海底に沈んでいる軍艦や駆逐艦があることに心痛み、当時命をかけて戦ってくださった方に感謝し続けなければならないと感じた。海底での写真、手紙、遺留品の展示が特に印象に残った。

25歳 女性

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


この展覧会で紹介されていた軍人の人々は自分と同世代、また、同い年の人もいて、改めて戦争の悲惨さを痛感しました。近代以降は戦争が多く、苦手意識を感じていましたが、大学も近いため、度々足を運んで、戦争と平和を考えるきっかけにしたいと思いました。

21歳 女性

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


英霊の方々の思いや信念に触れられてよかった。テレビドラマや映画は脚本家や演じ手の思いでやっている物だから「本当に、そうなのかな?戦争体験したわけでもない人間の考えなのでは?」って思えたので、英霊の方のこうした軌跡をたどれて嬉しい。

33歳 女性

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


英霊の日記はとても印象に残っています。合わせて、沈没した艦船の数が壁に映されていたのが、改めて歴史を知ることができてよかったです。 「我は海の子」の七番の歌詞を知らなかったため、そちらも勉強になりました。ありがとうございました。

41歳 女性

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


自分は高校生であまり戦争というのがよくわかりません。おじいちゃんが死んで戦中の話をもっときいとけばよかったと思いました。八十年前の日本では自分とあまり歳のかわらない人達も戦っていたのを改めて知りました。

16歳 男性

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


いつ来ても先人の思いに自らを省みる時間をすごしています。今回は、菅野氏の鉛筆艦船画を楽しみに来館しました。また、様々なイベントの開催を楽しみにしています。ありがとうございました。 五十二歳 男性素晴しい内容でした(ギャラリーの鉛筆画も、 海の撮影も)。当時の命をかけて日本を守って下さった英霊に心からの感謝を捧げ、次世代にこの国をバトンタッチできるよう考えていきたいです。ありがとうございました。

59歳 女性

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


日本を祖国として生まれ、戦争に生きた先人の方々のご苦労の中にも、日本の為に生命を捧げられた崇高な精神があり、今を生きる我々には、どれ程その魂が残っているか。

71歳 女性

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


今の時代だからこそ、見たほうが良い物、後生に語り継ぐ必要があるものが見られました。自分の子どもができたら、ぜひ、見に来たい。

25歳 男性


【令和4年10月号掲載】

≪常設展拝観者の声≫

コロナの為に3年ぶりに来ました。いつ来ても、神聖な気持ちになれて、日本人としてのあり方を実感させられる所です。何度訪れてもこの気持ちは変わらず、大切にしたいです。また来年も来ます。

兵庫県 52歳 女性

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


日本のために命を落としたすべての人々が靖國神社にて、安らかに眠って下さい。花嫁人形には、いつも大粒の涙が出ます。

新潟県 66歳 男性

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


特に後半は、戦争体験者に接する事がほぼない若者にとって、こういった機会は教科書の文字だけでなく事実として日本に歴史を知る大事なものだと感じました。なぜ、当時の若者が自ら死にに行くのか、戦いにいくのか理解ができると思います。

宮城県 22歳 女性

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


昨年父が亡くなった。朝鮮に行きシベリアで、 8ヵ月間捕虜であった。士官見習いだった。「生きて、靖國へ。 」合言葉は、一生忘れない。

東京都 62歳 男性

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


いつも涙が止まりません。ある日舞い降りてきた特攻隊の記事…。気になって気になって、気づけば靖國神社へ来ていた。東京のド真ん中に、こんなにステキな場所があるとは。このご縁で知覧の平和記念館にも行く事ができて、本当に良かったです。英霊の方々が護って下さった美しい日本がいつまでも平和であ

りますように!

東京都 35歳 女性

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


戦死した兵士の家族に宛てた手紙は心を打つ。戦争を知らない世代には大切な資料、学びとなる。現実に起きてきたことであり、我が国の歴史教育として宝として全国民の学びの場となるようにしてほしい。

神奈川県 53歳 女性

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


ずっと来たかった靖國神社、気がつけば3時間居ます。若くして亡くなられた多くの人達、同じ日本人として今を生きる自分の日々を大切にします。ありがとうございます。

大阪府 53歳 女性

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


学生時代に来ていたら、 今の自分と全然違っていただろう。

神奈川県 56歳 男性

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


「お母さんみたままつりに行こう」と娘が誘ってくれました。孫の七五三をしたのが5年前、コロナ禍で来られなかった靖國神社にまた子や孫を連れ訪ずれる事が出来ました。何度拝見してもご遺影の方々の美しさと凛としたたたずまいに時の経つのを忘れてしまいます。感謝の念は一日たりとも忘れたことはございません。子や孫がこの気持ちを引き継いでくれたらと願っています。ご英霊の方々と同じ日本人に生れて良かったと思ってくれる日を楽しみに健康に留意し、みんなで何度も神社に来られるよう、頑張って行きます。

滋賀県 71歳 女性

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


私は今までこういった戦争の話を教科書で学ぶのみでした。 しかし、 実際にこういったものを見ると当時の人々がどれだけ日本に尽くしてきたか、 身に染みて分かりました。

埼玉県 15歳 女性

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


私の祖父母たちは常に 「戦争をすべきではない」 と訴えていました。 近年、 露国による侵略で世界は更に混乱の渦へと飲まれています。中東やアフリカでも今なお紛争が停まることなく続いております。 貴館に訪れた私たちにできることは何か、 考え実行に移していきたいです。 また、 私たちの国を護ってくださった英雄の方々へ敬意を表します。

兵庫県 24歳 男性


≪特別展拝観者の声≫

写真や貴重な日記、遺品を目の当たりにすると胸が痛くなりましたが、実際にあったことなんだと思わされます。また8月15日終戦記念日の頃、母と来ます。

34歳 女性

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


軍艦比叡軍艦旗の前に鉛筆画の比叡の展示は心にくるものがあります。

29歳 男性

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


入口の通路に最初に掲示されている、現代の写真に、今、現代も見られる物があることに驚きました。海 ( 水 ) 中カメラマンの方のご苦労に感謝します。 「比叡」の大きな旭日旗!われは海の子が七番迄あった事なども改めて知った驚きでした。

66歳 女性

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


やはりネット上ではなく、直に自分の目で亡くなった方々のものを見ることで色々な思いがこみあげてきました。日本人として身がひきしまります。

29歳 女性

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


プロジェクターで時系列のアジア圏での沈没数は視覚に訴え、印象的だった

38歳 男性

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


特別展の最初の通路に飾られていた沈んだ数々の戦闘機の写真を見て、私は彼らが微笑んでいるように見えました。日本には古くからツクモ神が長く使用されたものに宿ると伝えられていますが、正に私は彼らも戦争の功労者だと考えます。大砲を撃っても勲章がもらえる訳ではありませんが、常に私たちを守り抜いてくれたその姿勢には感謝の念しかありません。どうか、海の底ではあるものの戦争を二度とくるものでは無いものとし、 安らかに眠ってほしいです。

24歳 男性

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


海という物にまず惹かれてしまった。父がこういった展示が好きなので紹介をしようと思いました。梅雨の時期もあり気持が沈んでいたので自殺を考えていました。ですがこの様な展示物を見て考えが変わりました。家族と何度も来た事がありますが一人で来るとまったく違う感想を持ちますね。まだ頑張って生きようと思えました。ありがとうございます。後期展示が気になるので絶対に来ます。

17歳 女性

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


遺書など命を賭して、故国のために散っていった先人の方々の心情が手に取るように分かる展示に心をゆさぶられました。世界的に 「戦争」に直面している今だからこそ当時の事実を肯定も否定もせず、ただ感じることが重要なのかもしれません…。

26歳 男性

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


私達中学生にとって、戦争は昔の出来事であり、知る機会は少ない。ましてや、海に関係する艦などについて知ることは全くなく、また軍人の目線で戦争について考えることもない。この展示ではこのようなことが学べて良かった。

14歳 男性

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


遺書についての音声付き説明が印象的であった。今の日本人と同じ書き方をしていることから、 年数がたっていないことを実感させられた。

21歳 女性

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


海中写真、 とても心 に感じるものがありました。当時を想像し苦しくも悲しくもなりましたが見る ことができ て良 か っ たです。 ありが とうござ いました。

32歳 女性

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


以前に常設展だけを見たことがありましたが、今日見た英霊の日記や映像には特に心を打たれました。この貴重な資料をもっとたくさんの人達が見るべきと思いました。

39歳 女性

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


たいへん勉強になりました。特に戦地に赴かれた方々の心情等日記を見ないとはかり知れないことも映像まで試聴できて、知識以外にも感情面でもずっしりくるものがありました。また来たい、日本の当時が知りたい ( もっと知っていかなくてはいけない ) と思いました。

24歳 女性

TOP