• メインビジュアル

令和5年02月01日

拝観者の声(社報令和5年1月号掲載)

遊就館のアンケートには、多くの拝観者から率直なご意見・ご感想が記されています。

ここでは、その一部をご紹介いたします。

----------------------------------------------------------------------

 

【令和51月号掲載】

 

あの当時の人達の生活がどのようなものだったのか、戦死した人たちの遺書や装備、生活用品など色々なものを見ることができ、とても感動しました。また、当時の特攻隊員の遺書や顔などを見ると、とても心が熱くなりました。自分の曽祖父もシベリアに行き、強制労働をさせられていたということを祖父から聞きました。

戦死していった人達が、未来の日本人のために散っていったと考えると、涙と言葉では言い表せないほどの感謝があふれてきます。今の自分たちのするべきことは、「未来の日本人のために戦死した英霊方がいる」ということを、これからも忘れないように、後世へ語りついでいくことだと改めて考えさせられました。このような、すばらしいものを拝観させていただきありがとうございました。2回目も必ず行こうと思います。

茨城県 14歳 男性

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

 

30年前の大学生の時に来ました。同年代の若者のご遺影を前に大きな衝撃を受けました。

今日は来週からカナダへ留学予定の16才の息子と伺いました。同じくご遺影の前で同じ数の母の深い悲しみに押し潰されそうになりました。

東京都 54歳 女性

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

 

埼玉県で教員をしております。教科書や映像で資料に触れる機会があります。文字や起きたことを時系列で見ていくことしか考えられていなかったな、と思いました。昨日、映画「永遠の0」を観ました。そして、父にこちらへ行ってみることをすすめられました。中々普段は来ない場所だし、勉強のためにもと来てみました。最初は遠い昔の展示なのでなるほど…といった気持ちで見ていましたが、遠くも近い戦争のことの展示は、故人の直筆の手紙、思い、遺族の想い、写真、年齢…自分とかわらない、若しくはそれより若い人達の立派で人を想い、国を想う言葉に涙が出ました。このような資料を大切に遺し、展示し目で触れられる機会があり、感謝致します。有難うございます。

埼玉県 25歳 女性

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

 

日本人として、また平和を望むものとして一度は見ておかなければならないと思い、拝観しました。私は海上保安大学校を目指しているのですが、本日展示を見て、英霊達が守り抜いたこの日本を守りたい、という思いが一層強くなりました。

愛知県 18歳 男性

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

 

私は元教師で大学院時代は日本近現代外交史を研究しておりましたが、メディア等で報道されているような偏った内容ではないという印象を抱きました。文章も分かりやすくて、内容も充実していると思います。特に兵隊一人ひとりに心を寄せているところにリアリティを感じました。

東京都 34歳 男性

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

 

歴史から学べるようになっているのが、とても素晴らしかった。ふらっと立ち寄った、国際平和を学ぶ大学生ですが、平和を希求する日本人として、この靖國神社の展示を見られて良かったです。憲法改正だとか、ナショナリズムだとか、様々なレッテルがあるけれど、ただただ、国を守るために死んでいった人々のことを、忘れてはならないし、自分が日本に生きる日本国民であるということの意味を考えさせられました。ありがとうございました。

神奈川県 21歳 女性

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

 

母親が息子を思う気持ち、またわずかな結婚期間でありながら、お互いがそれぞれ相手を思う気持ちは、いつの時代になっても変らないのだと改めて思いました。だからこそ、このような思いをしなくていい世の中になってほしいと強く感じました。大変な状況なのに遺影の写真の顔がおだやかな写真が多く、それが逆にせつなくなりました。この方達がいられたからこそ、今の日本があります。この方達の思いが無駄にならないような日本でありたいと思います。

東京都 49歳 女性

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


【令和5年2月号掲載】


戦争についてふかく考えさせられる。とてもおすすめ。遺書や、家族の思いもあり、戦争に行く人の気持ちや、その家族の思いが分かる素敵な場所。靖國神社に来たら、必ず入りたい場所だと思った。涙なしでは見られないです。

東京都 12歳 女性

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


こんなにも多くの若者が国の為に命を捧げた事、改めて胸が熱くなりました。自分は、20歳、16歳の子供がいます。その時代に居たら、どんな生活だったか?想像を絶する物です。72歳で亡くなった祖父が酒を飲むと「支那」の話をしていた事もあわせて、思い出しました。ここに来られて感謝です。

心が洗われました。

53歳 女性

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


祖父の弟が戦死していて、会ったことはないけれど不思議と会えたような気がしました。

東京都 43歳 女性

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


私の祖父は訓練兵であり、特攻隊についてとりわけ強い感情を持っています。そのため、私自身も興味を持ち、参拝をしに来ました。自分は24歳ですが、フラフラした生き方をしており、自分より年下の青年が命をかけて戦ったことを実感し、もっとちゃんとしないとなと感じます。

戦争における「特攻隊の是非」は論じるのが難しい内容ですが、彼らの覚悟を踏みにじるようなことはしてはいけないなと感じました。

長崎県 24歳 男性

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


私のひいおじいちゃんは零戦に乗っていました。遊就館でたくさんのことを学べたので良かったです。ひいおじいちゃんがどのような気持ちで乗ったか、少し分かったような気がします。

東京都 11歳 女性

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


毎回見応えがあります。今、幸せに暮らしていることで鈍感にならぬよう遊就館を訪れることで戒めとしています。関心が高まっているのか大勢の人が訪れていることを嬉しく思いました。

ありがとうございました。

埼玉県 51歳 女性

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


テレビや書物で戦争の事を知っているつもりでいましたが、亡くなられた方の写真や遺書等を拝見(読)し、改めて胸がしめつけられました。悲しいです。

北海道 54歳 女性

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


5年振りに来ました。小学生から高校生の若いうちに、遊就館で歴史を学ぶべきだと思います。教科書がすべてではありません。

秋田県 35歳 男性

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


何故、このような齢になるまで、このような施設があることを知らなかったのかと思う。

日本の国に生まれ育つ者は必ず学校生活時代に3度はこの神社のこの施設に訪れるべきであると思う。なぜなら一旦、日本の歴史や大切な礎はちゃんと知らされるべきだからである。その上で、賛否的な事を論じるなら論じればいいと思う。だから、義務教育下で、生徒たちと靖國神社を参拝しないこと自体、とてもおかしいことだと思う。そして日本国議員が、この靖國神社へ参拝するのが基本だと思う。

大阪府 58歳 男性

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


中学の時から度々来ていて、今回は大学生になって初めての遊就館でしたが、何回来ても遺書が展示されている場所で泣いてしまいます…。改めて日本人であることに誇りをもって立派に生きようと思いました。

千葉県 18歳 女性

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


戦争で亡くなられた方々を見るととても感動し、日本を守ってくれた今でいえばヒーローであって、私達は簡単に命を捨てようとしないでがんばってこれからの人生を大事にしていきたいと思いました。

福岡県 18歳 女性

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


つい80年前まであのような戦争があったと思うと胸が苦しい。今の日本の平和は大東亜戦争で戦った人の努力で成り立っているのだと改めて分かった。昨今の日本をとり巻く情勢からも国防に対する考えが大きく変わった。

非常に有意義な時間を過ごせた。

千葉県 17歳 男性

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


コロナのせいで永らく上京が叶わずにおりましたが、ようやく来る事が出来ました。劇団に所属しており、出演する作品の上演の前後には靖國に来て手を合わせる事が自分にとっての「区切り」でもありました。再びこうして足を運べた事を、うれしく思います。

兵庫県 48歳 男性

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


死にたいって簡単に言っていたけど、そういう自分を見つめ直そうと思った。

東京都 19歳 女性

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


本日は、大東亜戦争で戦死した両祖父へ、お礼を伝えたく参りました。母方はサイパンで、父方はビルマで各々亡くなったと聞いておりますが、詳細を存じません。子孫として、今ここにあることは、両祖父をはじめとする、あまたの英霊の皆様あってのことと、拝殿に御礼申し上げました。

戦時の大変さを思いつつ、その記録を残して頂いていることに深謝申し上げます。また、館内のみならず、神社内を常に整えて下さっている皆様にもあつく御礼申し上げます。

東京都 55歳 女性

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


今の私と年齢が近い方が特攻隊へ出撃しています。遺書などを拝見し、そんな立派なことが言えるかなと思ったり、これから先まだやりたい事だって色々あったにもかかわらず「それぞれが幸福者だ」と言えることが素敵でした。なにより、親への感謝の気持ちです。改めて、親、兄弟、姉妹への大切さを実感しました。

このご時世、コロナの影響などあり、会いたい人にはなかなか会えなかったり、行きたい所にも行けず、色々と窮屈に感じます。ですが、お国のために亡くなられた方の事を思うと何ごとにも諦めず、亡くなられた方が草葉の陰から泣かないように私も、頑張ろうと思いました。

また、参拝しに参ります。その際は必ずこちらの展示会にも訪れます。胸がいっぱいで、言葉にするのは難しいですが、ありがとうございました。遺書などを見るたびに涙がとまりません。

広島県 20歳 女性

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


とても面白かったです。戦争は、体験したことがないので、文面でしか知らなかったのですが、当時の人たちの服や戦争中の遺品等を見ていると、実際にあったんだということが理解でき、改めて戦争について考えるきっかけを得ることができました。

めっちゃ字きれいだし、みんな瞳がキラキラしていて、今の時代に生まれていたら、ボランティアとかすすんでやる好青年なんだろうなとか思うと自分が情けなくなってきたんで、人のためになる職業につこうと、つけるよう努力しようと思いました。

京都府 21歳 男性

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


私の祖父はインパール作戦でコヒマ英軍と戦い、小さい頃から戦争の話を聞いて育ちました。祖父が所属していた部隊は第31師団(烈)歩兵第124連隊第一大隊です、コヒマでの戦闘は激しく「玉砕」の命令を受けましたが夜中に撤回。師団が退がるので、「殿(しんがり)」の部隊として宮崎支隊へ編入され、英軍と徹底抗戦をしました。

私がいつも思うのは祖父が玉砕していたら今の私はいないということです。また、今の私があるのは御英霊のおかげであると思っています。靖國神社にお参りさせていただく度に、今の平和のありがたさ、尊さを学ばせていただいております。また、お参りさせていただきます。本日は、ありがとうございます。

東京都 42歳 男性

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


英霊の皆様の遺書の前で30代くらいの男性が涙を流しているのを見ました。日本人として男性として、国を守る為に命をささげた英霊の皆様の言葉が、その男性の心に何かを残したのだろうと思った。

まだ遊就館に来たことのない人にはぜひ来て戦争について考えてほしいと思いました。

大阪府 49歳 女性

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


今を生きている私には出来ない覚悟をもっていて言葉を失いました。しかし、このことは日本人であるならば知らなくてはいけないことだと感じ、また感謝の気持ちでいっぱいです。

神奈川県 20歳 女性


 

TOP